Acrophobia 高所恐怖症

子供の時は平気だったのに今は全くダメ

ロープウェイが嫌いだ 死ぬほど嫌いだ

子供の頃はそうでもなかったのに むしろ好きだったのに

地元の観光地にロープウェイがありましてよく乗りました

眼下に広がる海をいつも眺めてたことを覚えています

それが一転駄目になったのは高校生の時 箱根のロープウェイに乗った時でした

幼少期に乗った地元のロープウェイ 標高差およそ100m 所要時間は5分もない 下はほとんど海

対して箱根ロープウェイ 標高差一番高いとこは1000m越え 所要時間全区間約25分 下は険しいお山

高所恐怖症の自分にはロープウェイが恐ろしいものだということに気付いた

数年前に久能山東照宮に行くロープウェイ(日本平ロープウェイ)を乗った時もやはり駄目でした 怖かった

ご丁寧なことに標高差がどの位とかや開業して半世紀以上経っているとかいちいち解説してくれたから余計に恐ろしい思いをしました

おまけに窓は全て全開だった (;一_一)

後で知ったが日本平ロープウェイ 所要時間と標高差は地元のロープウェイと大差がないという事実

ということは今はもうそのロープウェイにも乗れそうにないです

スポンサーリンク

何でこんなに高いとこに恐怖を抱くようになったのだろう

高所恐怖症になる原因として考えられるのが幼少期のトラウマ

要するに高いところから落ちてケガをしたとか 無理矢理高いところに連れていかれたとかの経験がトラウマになって高所恐怖症になるケース

ただ自分にはそういう経験はないんです (暗所恐怖症でもありましてこちらは当てはまりますけれど)

ロープウェイやそれと同じくらい今は絶対乗りたくない観覧車も自分が乗りたかったから乗った記憶しかありません

では他にはどんな原因が考えられるというと 「想像」力が強い人が高所恐怖症になりやすいそうです

「誤って落ちてしまうんじゃないか 落ちたらどうなるか 死んでしまうのか 死んだらどうなるか 死なないまでも障害を負って一生そのままだったらどうしよう そうなったら家族に見捨てられるんじゃないのか」

と たくましい想像力ゆえに必要以上に恐怖を感じてパニックに陥りがちだそうです

後は 神経質で心配性な人 完璧主義者な人 も高所恐怖症になりやすいタイプなんだそうです

スポンサーリンク

落ちていく夢

最後に

高所恐怖症で思い出したのですが以前よく落ちていく夢を見て飛び起きることがありました

高いことろからではなくて落とし穴に落ちるとか急な坂を滑り落ちる そんな感じの夢でした

落ちる夢は

不安感の高まり 自信喪失 失敗の恐れ 体調不良 などを暗示している

とのこと…碌なものじゃない

今現在も不安一杯で体調もイマイチ何ですけど落ちる夢を全然見ないからまだ当時よりはマシということなんでしょうかねぇ

スポンサーリンク

Follow me!