UMAのため息 「人間って奴らは……」

最近ではオタクと呼ばれている 馬鹿にされ現実を見ろと嘲られていた

Solomon_Barroa / Pixabay

スポンサーリンク

俺はこの世界に身を潜めてずっと静かに生きてきた

なのになぜ人間て奴は俺の存在を白日の下にさらそうとするのだ

本当にウンザリする 変な奴らだ

それにどうやらその人間たちも俺を追いかけまわす奴らの事をあまりよく思っていないらしい

奴らは変人、暇人、最近ではオタクと呼ばれている 馬鹿にされ現実を見ろと嘲られていた

まあ何となく理解できる 何せ俺たちを神か何かのように崇めているように見える時がある

正直引く 全く人間って奴は……

そして今度は違うタイプの人間が俺に関心を持った

スポンサーリンク

とうとう奴らに見つかってしまった 俺の存在を知られてしまった

そして今度は違うタイプの人間が俺に関心を持った

権威者と総称される奴らだ

こいつらは人間どものなかでも上位の存在で尊敬と注目を集め、力を持っている奴らだ

現に奴らは俺のことを話題に出すと、オタク共だと同じオタクしか話を聞いてもらえなかったに対して、実に多くの人間が耳を傾け尊敬の念をもって聞いているのだ

だが俺はこいつらが嫌いだ こいつらは人間とは別の種類の生き物ではないのかと思う

奴らは冷たい目でじっと俺を観察するからだ その利己的で欲望が透けて見える冷たい目が嫌なのだ

おぞましい 全く人間って奴は……

普通の人たち という奴らだ 唯一の取り柄はその数が多いこと

FonthipWard / Pixabay

あれから随分と時が流れた 人間どもはもう俺のことをUMAとは呼ばなくなった

かつて神のように崇拝したオタクどもや冷たく観察した権威者どもはもう俺を見向きもしなくなった

奴らに代わって俺に関心を向けているのは

尊敬も注目も権威も持たず、これといった特徴もない

普通の人たち という奴らだ 唯一の取り柄はその数が多いこと

でもこいつらの俺を見るその目は一番まともだった

中には俺のことをカワイイなんて言っている奴もいる

全く人間って奴らは…… 本当に人間って奴らは……

スポンサーリンク

Follow me!