目を閉じていても何かが見える あれは何? 

それが悪かったのかおかしなことが俺の身におきた

annca / Pixabay

スポンサーリンク

誰が知っている人がいたら教えて欲しい これは何なのかを そして助けてほしい

ここ最近いろいろと気分が落ち込むことが多くて本当に参っていた

そんな俺が気分転換にと夢中なったのが心霊サイト巡り

片っ端から心霊投稿サイトに掲載された体験談を読んでは時間をつぶしていた

他にも憂鬱な気分を解消する方法はないものかといろいろと調べていてある方法にたどり着いた

自己催眠 自己暗示ってやつ

俺は片っ端からありとあらゆる自己催眠を試したり夜は気分転換に効果があるというヒーリング音楽を毎日聞いて寝ていた

闇の真ん中に穴がぽっかりと空いている 見えるものはいつも同じ

TeroVesalainen / Pixabay

スポンサーリンク

それが悪かったのかおかしなことが俺の身におきた

ベットに横になって目を閉じると何も見えないはずなのに何かが見える

頭の中で想い浮かべた風景とかではなくて確実に自分の目で見ている感覚がある

 

闇の真ん中に穴がぽっかりと空いている

ちょうど紙を拳で突き破って出来た穴に似ている(上の画像の白い紙を黒くしたかんじ)

その穴からは見えるものはいつも同じ風景

何かの作業部屋もしくは美術作品を制作するアトリエような部屋

真ん中にテーブルがあってその上にはいろいろな道具が乱雑に置いてある

そしてその部屋のものは全て同じペンキ?で塗られている

でもその色がよくわからない 赤一色に見えるし青一色にも見える ひょっとしたら茶色一色かもしれない

塗りたてなのか触ったら手に付きそうくらい艶々としていた

 

穴から見える部屋はいつもピンぼけではっきりと細部が見えない

俺は目を凝らしてはっきり見ようとするのだが その瞬間得も言われぬ恐怖に襲われる

本能がそれをハッキリ見ては駄目だと警告する

目を開けようとすると何故か直ぐに目が明けられない まるで瞼が接着剤でくっつけられたみたいに動かない

出来ることは必死に目をそらすことだけ

それが毎日続いている それに気のせいか次第にそれが鮮明に見えて来ているようだ

絶対に夢を見ているわけではない 断言できる

fietzfotos / Pixabay

誰か教えて欲しいあれは何なのか そして正体が分かった時どうなるのか

俺は怖くて確かめられない けれどもし何か分かってしまったら…

俺が無事でいたら話そうと思う

スポンサーリンク

Follow me!