私のいわゆる心霊体験 不思議な体験 その弐

前回の予告通り今までの人生で体験した不思議な出来事の話 その2です

恐怖の金縛り

Shibari / Pixabay

スポンサーリンク

それは20代後半の時の話 その頃夜寝ているとよく金縛りにあった

けれど金縛り自体は心霊現象でも何でもなく

「意識は起きていて体はまだ寝ている状態」

と聞いたことがあるので金縛りになっても全然恐いとは思わなかった

そんな状態が続いたある夜 いつものように金縛りのなった

「やれやれ またかよ」と思ったその瞬間

!! 突然何者かが上から覆いかぶさってきてがっちりと強く抱き着いてきたのだ

「ウワァァァァァー」恐怖のあまり叫んだが声がでない

ソレは自分と身長が同じくらいのガッチリとした体格 どうやら男のようだ

サーというノイズもしくはお経のような音が聞こえる 耳元で囁いている

体は動かないどころか縮こまって固まってしまったかのようで目も開けることが出来ない

「ヤ、ヤメロー」

やっとのこと声を振り絞ってソレに向かって言った

次の瞬間 ソレはスゥーっといなくなって同時に金縛りも解けた

でも怖くて動くことが出来ない 今度は恐怖で目が開けることが出来ない

その後も頻繁にソレに抱き着かれることがおきた

その度に「ヤメロ」と声に出せば消えて金縛りも解けた

しかし何回も続くと次第に恐怖より怒りの感情のほうが僕の中で大きくなっていった

そして遂にキレて「いい加減にやめろ!」とソレに向って怒鳴った

それを最後にソレは現れなくなった

自分の数少ない心霊(?)体験の中で唯一にして一番怖かったことです

瞬間時間移動その後妙なことが判明…

coryr930 / Pixabay

スポンサーリンク

これは小学校に上がる前後ぐらいの時の話

僕は小さい時は布団に入ってもなかなか寝付けない子供だった

夜中に親父の鼾を聞きながら薄暗い天井をじっと見つめていたことを今でも覚えている

そんな幼い時に祖父母の家にお泊りに行った

年の近い従兄弟たちも遊びに来ていて僕も妹も嬉しくて一日中はしゃいでいた

そして夜 例によって僕は眠れなくてじっと天井を見ていた そして瞬きをした

すると…

部屋が明るい 寝室のすき間から光が漏れている

隣の部屋に寝ていた従妹たちが起きて騒いでいるのが聞こえている

え?なに?なんで朝になっているの?

僕は布団から起きて何が起きたのか分からなくてしばらくその場で固まっていた

今でも本当に不思議

先日妹夫婦に会う機会があってこの事を話したら

妹が「私も同じことがあった」と言うではないか

え?( ゚Д゚) まあ兄妹だから体質(?)かもねと思って聞いていたのだが…

「私もおじいちゃんの家で○○ちゃん(従兄弟)たちも泊まっていた時にそういうことがあったのよ」

… 少しゾクッとした

おまけ

最後に自分の体験ではないオカルトネタを

心霊写真

僕自身は心霊写真なるものは撮ったことはない 今後も撮りたいとは思わないけど

写真館でアルバイトしていた友人に心霊写真って見たことはあるの?と聞いたら

お客様から現像依頼された写真に変なものが映っていたのがあったそうです

(デジカメ普及前の話です)

それは空に人の足首が浮かんでいる写真だった

その後写真をどうしたのか撮影した人はお祓いにいったのかと聞いてみたけれどはぐらかされた

当たり前か( 一一)

以上で終わりです 最後に心霊体験談や動画サイトを見ているうちにすごく疑問に思ったことを…

何故幽霊って髪の毛を実体化させることができるの?

スポンサーリンク

Follow me!